このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

オイル洗顔を続けた経過とその後!ベビーオイル、ホホバオイル、スウィートアーモンドオイル

2023. 01. 19
オイル洗顔を続けた経過とその後!ベビーオイル、ホホバオイル、スウィートアーモンドオイル

オイル洗顔とは、洗顔料ではなくオイルを使ってソフトなメイクや汚れを浮かして落とす洗顔方法です。

洗顔料のように泡ですっきり洗い流すのではなく、肌に必要なうるおいを残しながら負担を少なく洗浄することができるため、敏感肌や乾燥肌の方にもぴったりです。

オイル洗顔には一体どんな効果があるのでしょうか?肌がキレイになるってほ本当?今回は肌改善までの経緯や、キレイになったその後のスキンケア方法、おすすめのオイルなどを紹介していきます。

 

オイル洗顔で肌がキレイになる?

  

オイル洗顔とは、肌のうるおいを保ちながらマイルドに汚れを落とす洗顔方法です。お肌の大敵ともいえる刺激を最小に抑えられるので、それだけでも肌への効果が期待できそうです。

オイル洗顔の最大の特徴は、肌のバリア機能を守ることにあります。クレンジングをすると、どうしても肌に必要な皮脂やうるおいまで奪ってしまうことがありますが、オイル洗顔ではその心配がありません。

さて、本題のオイル洗顔で肌がキレイになるかどうかですが、こればかりは個人差があります。キレイになっているかの感じ方も人それぞれなため一概にはいえませんが、多くの方が肌、特に毛穴への効果を感じているようです。

 

乾燥肌の人が効果を感じやすい

マイルドな洗浄力でうるおいを保ちながらのオイル洗顔は、特に乾燥肌やインナードライ肌など、乾燥にお悩みの方に適しています。

黒ずみや詰まりといった気になる毛穴のケアもできるので、続けることでお肌がキレイになる効果も期待できます。

 

改善までの経過

オイル洗顔は毛穴への効果を感じている方が多く、角栓や毛穴が目立たなくなったなどの口コミも多く寄せられています。ではどのような過程で肌はキレイになっていくのでしょうか?

肌改善までの経過を解説していきます。

 

1. バリア機能が徐々に安定していく

特に乾燥肌の方がオイル洗顔を始めると、しっとりとしたうるおいを感じ、バリア機能が安定していくのを感じられます。

通常の洗顔石けんでツッパリ感を感じていた方が、オイル洗顔後にしっとりもっちりとした質感を感じ、水分が保持されているのが実感できるようになってくるでしょう。

 

2. 赤みや皮脂分泌が落ち着いてくる

乾燥から赤みが出がちだった場合にはそれが徐々に落ち着いてくることがあるようです。また、乾燥によって皮脂の分泌が過剰だった場合にはそれが収まったという声もあります。

もちろん個人差はありますが、特に乾燥による諸症状が落ち着いてくる方が多いようです。

▶︎ ベビーオイルで皮脂をコントロールする方法

 

3. 毛穴の開きや乾燥が軽減されていく

さらに毛穴の開きがキュッと引き締まって、乾燥が軽減されてくる場合もあります。うるおうことによってお肌がふっくらしてくると考えられています。

柔らかな質感で角質層から潤いで満たされ、やがて乾燥も落ち着いてくるようです。

 

4. しばらく続けていると角栓が目立たなくなることも

仕組みとして考えられるは、オイル洗顔を続けることで角栓の芯は残ったまま表面が少しずつふやけていきます。表面が溶けてくると、角栓と毛穴の間に隙間ができるようになります。そしてこの隙間から角栓がスポッと抜ける、というメカニズムが考えられます。口コミをみると3ヶ月目あたりから実感する方が多いようです。

とはいえ、もちろん個人差はあります。全員が同じ効果を感じるわけではなく、肌状態や肌質によっては肌荒れしたり、ニキビの原因になることもあります。肌状態を見ながら、根気強く続けていくのが大切です。

 

キレイになったその後は

乾燥が徐々に落ち着いて、肌荒れしにくくなり、角栓や毛穴が目立たなくなれば、お肌はつるんと滑らかになりため化粧ノリもアップするでしょう。 キレイになったその後は、どんな良いことが待っているのでしょうか?

 

1. 化粧ノリがアップする

まず一番実感しやすいのが化粧ノリがアップすることです。お肌が柔らかく滑らかになることでファンデーションの密着性も高まり、より美しい仕上がりが実現できます。

もちろん化粧ノリがアップすることで、メイクは崩れにくく、日中も乾燥しにくくなるでしょう。これまで日中乾燥を感じていた人も、徐々に落ち着いてくるはずです。

 

2. これまで使えなかった化粧品にもチャレンジ

これまで乾燥や肌荒れによって使えなかったコスメはありませんか?お肌が安定することで、これまで使えなかったスキンケア製品やコスメが使える場合もあります。

肌質によって諦めていたコスメにチャレンジできるチャンスかもしれません。

※万人が使えるようになるわけではありませんので、合わない場合は無理せず使用を中止してください。

 

3. 美容が楽しくなる

お肌がきれいになると、誰だって美容が楽しくなるでしょう。これまでできなかったメイクにチャレンジしたり、もっとキレイになりたくてスキンケアをより頑張る方もいると思います。

心も明るく前向きになり、美容全般が楽しく、笑顔も増えていくといえます。それだけ女性にとって“キレイになる”ということは大きな要素を秘めています。

 

ここで終わりではない!継続が大事

つるんと滑らかなお肌になったからと言って、ここでケアを怠るとまた元のお肌に戻ってしまうことがあります。そうならないように、日々続けていくことが大切です。

肌状態を見ながら適度にオイル洗顔を取り入れ、今の状態をキープするようにしましょう。

 

ベビーオイル、ホホバオイル、スウィートアーモンドオイルの違い

  

オイル洗顔による肌状態の経過や、キレイになったその後について見てきました。最後に、オイル洗顔に最適とされる3つのオイルの特徴と、それぞれの違いを紹介していきます。

 

ベビーオイル(ミネラルオイル)

オイル洗顔と言えばやはりベビーオイルでしょう。赤ちゃんにも使える低刺激のオイルで、さらっと肌馴染みが良いのが特徴的です。ベビーオイルはミネラルオイルをベースとした製品が多く存在します。

赤ちゃんにも使える処方ながらコスパが良いのも人気の秘密です。マイルドな洗浄力ながらも毛穴にもアプローチしてくれ、洗いすぎによる乾燥を防止できます。

 

ホホバオイル

ホホバオイルは液状ワックスエステルが主成分です。

ヒトの肌の皮脂成分のひとつでもあり、ベビーオイル同様、肌馴染みが良いのが特徴的です。ベビーオイルほどではありませんが、比較的安い物が多く、赤ちゃんのお肌にも使えます。

 

スウィートアーモンドオイル

スウィートアーモンドオイルは、オレイン酸を多く含み酸化しにくい特徴があります。高い抗酸化作用が期待でき、メラニンにもアプローチしてくれると言います。

ホホバオイル、ベビーオイル同様、敏感肌にも使いやすく、赤ちゃんのお肌にも使用できます。

日焼け後の炎症などにも効果があり、高い保湿力が期待できるでしょう。

3種とも成分は異なりますが、肌に優しく馴染みがよいのが共通の特徴です。ぜひ肌状態を見ながら選んでみてください。

 

まとめ

オイル洗顔で一体どのようにお肌がキレイになるのか?その仕組みと、キレイになった後の肌状態や注意点、おすすめ3種のオイルの違いなどを紹介していきました。

お肌がキレイになるまでには、根気強くオイル洗顔を続ける必要があります。ただし、オイル洗顔の効果はそれぞれ異なりますし、肌質によっては向かない人もいます。

その点を踏まえながら、ぜひオイル洗顔でつるピカなお肌を手に入れてみてください。