このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

アウトドア、登山でのメイク落とし、クレンジングはどうする?オイル洗顔を勧めるこれだけの理由

2024. 07. 11

アウトドアや登山での洗顔・メイク落とし事情は?

登山やキャンプなどのアウトドアアクティビティは、心身ともにリフレッシュできる素晴らしい経験です。しかし、メイクをしたままでは、汗や皮脂でメイクが崩れやすくなり、肌トラブルの原因にもなりえます。そこで今回は、アウトドアや登山での洗顔・メイク落としについて、環境に配慮しながら美肌を守る方法をご紹介します。

近年のアウトドアシーンでもアウトドアでもオシャレを楽しむ需要は年々伸びており、加えて日焼け対策は増加傾向にあります。一方でアウトドアでは汗をかいたり、水や雨に触れる機会も多いため製品の耐水性が重要になり、メイクや日焼け止めが落ちにくいものを選ぶ必要性があります。しかし、一方で落ちにくいメイクを落とすためには洗浄力を強めるため、洗浄時の肌への負担が懸念されます。

 

アウトドアや登山でのメイク落とし、洗顔の課題

アウトドアや登山のシーンではとにかくメイク落としや洗顔が大変です。それには多くの理由があると考えられます

 

洗い場まで行くのが大変

アウトドアシーンでは、洗い場までが遠い、暗い中、雨の中で洗い場まで行かなければならない、トイレはあるけど、綺麗とは言えない、その他ゴミや排水など環境に気を使うなどがあると想定されます。

 

水はとても貴重

アウトドアシーンではそこまで水が貴重ということがないかもしれませんが、登山では、高山になればなるほど水がとても貴重です。命の危険性もあるために水の量を常に気にしながら前に進まなければなりません。そんな貴重な水を汚れを落とす用途として使うには、荷物も増えることも問題となってきます。また高山になればなるほど微生物が少ないために、ゴミを捨てないことに加えて、排水なども気をつけなければいけません。

 

冬場は水が冷たい

冬のアウトドアでは、冷たいため、洗顔控える人も多いのではないでしょうか。しかし、日焼け止めやメイクは塗っていると思いますし、アウトドアシーンでは埃や土、砂、炭や食事の油、その他、皮脂放置すると、肌トラブルの原因となるので、洗顔必要です。

 

ゴミは持ち帰り、排水はどうしよう?環境に気を使う

登山やアウトドアでは、自然を満喫する一方で、ゴミ排水によって環境悪影響を与えてしまう可能性もあります。そこで今回は、アウトドア登山におけるゴミの持ち帰り排水について、基本的なルールマナーをご紹介します。

 

アウトドア登山で出たゴミは、すべて持ち帰りましょう。燃えるゴミ燃えないゴミリサイクルゴミなどに分別する必要はありません。自宅に持ち帰り、適切処理しましょう。また排水に関しては、アウトドア登山出た排水は、そのまま流してはいけません。

 

石鹸やシャンプーなどの洗い流し行為がある排水は、環境悪影響を与える可能性があるため、使用控えることが大切です。特に登山などの高山では微生物も少ないため**、生分解性の高い**製品を使っても分解できないために、基本は排水は水だけが基本です

 

アウトドアや登山に向いているメイク落としは?

使えないメイク落とし

まず、アウトドアや登山に使えない、向いてないメイク落としですが、基本的には洗い流すようなタイプのメイク落としは基本使えません。使えないというのが語弊があるかもしれませんが、アウトドアや登山のマナーとして、上記の通り、界面活性剤を含んだ洗い流しの行為があるメイク落としは水が貴重なことや排水や環境などのあらゆる面で使うことが躊躇われます

もちろん排水設備が整ったアウトドア施設や下山後の山小屋など、そういった環境では使用可能なシーンもありますが、基本は使えないと認識しておくのが大切な心構えと考えています

 

最も最適なのは、水を使わないメイク落とし

登山中やキャンプ場では、が貴重な資源である場合が多く、洗顔大量の水を使うのは控えたいものです。そこでおすすめなのが、水を使わないメイク落としです。

メイク落としシートは、手軽にメイクを落とすことができ、持ち運びにも便利です。拭き取りタイプのほか、コットンに染み込ませて使うタイプなどがあります。洗浄力が強いものもあるので、ウォータープルーフのメイクもしっかり落としたい場合は、ポイントリムーバーを併用するのも良いでしょう。

しかし、最もオススメしたいのが、オイル洗顔という古くて新しいメイク落とし方法です。

 

一番オススメしたい。オイル洗顔とは?

オイル洗顔とは、肌にオイルを塗り、メイクや汚れを浮かせてから、洗い流すのではなく、ティッシュオフによりメイクを落とす方法です。クレンジングや洗顔料や石鹸で洗顔する方法とは異なり、肌を刺激する成分や洗い流すという行為がないため、洗いすぎによって肌に必要な皮脂や保湿因子が取られすぎることが起こりにくい美容法です。

 

オイル洗顔には、界面活性剤や洗い流し行為による皮脂の除去やNMFの流出が起きないため、肌の乾燥を防ぐ効果があります。また、オイルの持つ保湿力により、肌に潤いを与えることができます。ただし、肌タイプによっては合わない場合があるため、自分に合った方法を探すことが大切です。

 

またティッシュオフのため、排水がなく、使い終わったティッシュはゴミとして持ち帰れるため、メイクは落ちる、スキンケアのセットがいらない、水もいらない、環境に配慮できるなど、あらゆる面でアウトドアや登山に向いているメイク落とし方法と言えます。

 

オイル洗顔は拭き取り系のメイク落としなどとは何がちがう?

クレンジング力は基本的にはオイルの配合量と摩擦のする力で決まります。

それに対して、皮脂を除去したりNMFを流出したり、肌を擦ったりなどの肌への負担は洗い流し行為のあるものはオイルの配合量で決まりますし、オイルの配合量が少ないようなものは摩擦の力で落とすため、今度は肌を擦ってしまうことで肌への負担が懸念されます。

 

 

そういった意味で、オイル洗顔は100%オイルのため、液体自体のクレンジング力が高く、またティッシュオフですが、メイク落としシートやリムーバーのようにコットンなどの摩擦の力を利用してメイクを落とすというよりは、メイクを浮かせて、ティッシュで吸い取る方式のため、クレンジング力も高い上に肌への負担が少ない理想的なメイク落とし方法となります。

 

どのオイルでオイル洗顔が良い?

オイル洗顔で使われるオイルはベビーオイルや植物オイルやミネラルオイルなどの単一の種類で構成されたオイルが多く、欠点がいくつかあります。それが以下のような欠点です

 

  • ウォータープルーフ系のメイクや日焼け止めは落ちない
  • オイル独特のベタベタ感がある
  • アウトドアシーンでは植物オイルなどは酸化が気になる

などです。特にメイク落としや日焼け止めは日々進化し、どんどんと汗や皮脂で落ちにくい設計になっているために、よくある普通のオイルでは落とせないような設計になってきています。

 

アウトドアや登山でのメイク落としや洗顔はセラクレンズがオススメ

そこでオススメしたいのがオイル洗顔をアップデートしたセラクレンズです。

特徴として、現代のウォータープルーフなどあらゆるメイクや日焼け止めを落とせるように開発し、オイル独特のベタベタ感もなく、かつ酸化をするような原料もほぼ含まれていないのが特徴です。また、擬似セラミド(保湿成分)も配合され、スキンケアのセットがいらないため、これ1本でメイク落としから保湿まで完了し、さらに100%美容オイル成分のため、ボディオイルやハンドオイルなどあらゆる場所で使用可能です

 

またオイル洗顔のため、ティッシュオフでメイクが取れ、洗顔代わりとしても使え、あらゆる面で環境に配慮されたメイク落とし方法です。

 

登山で実際に試してみた

実際に富士山の山頂付近にて使用試験をしてみましたが、非常に耐水性の高い日焼け止めでも、難なく落とすことができ、また山の環境を汚すことなく使用することができました。

 

 

持ち運びしやすいミニ品がおすすめ

セラクレンズの中でもミニ品が持ち運びが便利なため、おすすめです。15mLで持ち運びやすく、点眼容器のためあらゆる部位につけやすいのも特徴です

購入はこちらから

https://miule.jp/products/ceraclenz-mini?variant=40582147637351

 

いかがでしたでしょうか?アウトドアや登山では、環境に配慮したメイク落としや洗顔が必要です。その中では水を使わないメイク落とし方法が有効で、現在はメイク落としシートが主流ですが、中でもオイル洗顔は今後アウトドア業界でも注目されるメイク落とし方法兼洗顔方法だと考えています。ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。