このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

オイル洗顔の活用方法!ベビーオイルでお風呂上がりに全身ケア

2023. 01. 24
ベビーオイルの活用方法!お風呂上がりに全身ケア

オイル洗顔でよく使われるベビーオイルは肌に優しい成分で作られており、幅広い用途に使うことのできる便利なオイルです。 ベビーオイルを使って全身ケアをすることで、高い保湿効果を期待できます。

この記事では、ベビーオイルを使ったお風呂上がりの全身ケアについて解説します。

ベビーオイルを使った保湿ケアに興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

ベビーオイルを使った美容法

  

ベビーオイルは様々な用途で使うことのできる便利なオイルです。

ここからは、ベビーオイルの性質や特徴について詳しく解説します。

今までベビーオイルを使ってきた方も、これからベビーオイルを使ってみようと思っている方も、ぜひこの機会にベビーオイルの性質や特徴についておさらいしてみてください。

 

ベビーオイルは赤ちゃんのための保湿オイル

ベビーオイルは赤ちゃんのために作られたオイルです。 赤ちゃんの肌は薄くて乾燥しやすいため、とてもデリケートです。 そんなデリケートな肌に使うために、とても肌に優しい成分でできています。

一般的なボディケアオイルには、香料や着色料などの添加物が含まれています。 しかしベビーオイルにはこれらの添加物がほとんど含まれておらず、肌への刺激が最低限になるように作られているのです。

ベビーオイルは赤ちゃんだけでなく、大人の女性にとっても便利なアイテムです。 特に敏感肌の方や、添加物を気にされている方にとっては最適なオイルだと思います。

比較的安く手に入るものが多く、気軽に購入することができるのも特徴です。

 

肌だけでなく髪や爪にも使える万能オイル

ベビーオイルは肌に使うイメージが強いですが、髪や爪などにも使うことができます。 オイルに含まれている保湿成分が髪のキューティクルを守ったり、爪のツヤを出したりしてくれるのです。

ベビーオイルには余計な添加物がほとんど含まれていないので、どんな部位に使ってもトラブルになることはあまりありません。 そのため全身ケアに向いているオイルと言えます。 髪や爪に使っても、トラブルになることはほとんどないでしょう。

1本買っておけば、肌・髪・爪と幅広い保湿ケアに使うことができます。 乾燥にお悩みの方は、ベビーオイルを使って全身の保湿ケアをすることをオススメします。

 

ベビーオイルで乾燥から肌を守る

  

ベビーオイルは保湿効果の高い万能なオイルです。 デリケートな肌にも使えるため、全身の肌を乾燥から守ることができます。

ここからは、ベビーオイルの保湿効果について詳しく解説します。

 

植物油タイプなら油分が肌に浸透してうるおいを保ってくれる

植物油タイプのベビーオイルなら、オイルが肌に浸透してうるおいを保ってくれます。

植物油に含まれる油分は肌に浸透しやすい性質があるため、油分が肌の角質層に浸透しやすいのです。

例えばオイルマッサージをした時など、マッサージと同時に保湿効果も期待できます。 全身の肌が乾燥しがちな方には、植物油タイプのベビーオイルがオススメです。

また種類にもよりますが、質感がベタッとしているのが植物油の特徴です。 逆を言うと保湿感があるのが特徴です。保湿感があるため、全身に使うことでボディオイルとしても役立ちます。

注意点は、オイルが酸化しやすいため、なかなか使い切れずにいると少しずつオイルが劣化していく点です。 劣化したオイルを肌につけると、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。

購入の際はすぐに使い切れる少量のボトルを買うようにし、できるだけ早く使い切るとよいでしょう。

 

鉱物油タイプなら肌にオイルの膜を張って保湿成分に蓋をしてくれる

鉱物油(ミネラルオイル)タイプのベビーオイルなら、オイルが肌の表面に膜を張ってくれて、保湿成分に蓋をしてくれます。

鉱物油に含まれる油分は皮脂との馴染みよりは、肌の表面に膜を張った状態で残り続けます。 そのため水分の蒸発を防いでくれて、肌を乾燥から守ってくれるのです。

鉱物油と聞くと悪いイメージがあるかもしれませんが、現在流通している鉱物油は安全に使えるものばかりです。 以前は精製技術が低かったため、中には肌荒れを起こしてしまう製品もありました。 しかし今は技術が進歩したので、安全に使用することができます。

また鉱物油は劣化しづらいため、長期間使い切れずにいても安心して肌に使うことができます。 少しづつしか使わないという方でも、安全に使用することができるオイルです。

 

目的に合わせてオイルの種類を選びましょう

植物油と鉱物油では、その性質に大きな違いがあります。 目的に合わせてオイルの種類を選ぶことで、より高い効果が期待できるでしょう。

それぞれのオイルの性質を良く理解して、自分にあったオイルを購入してみてください。

 

オイル洗顔のセラクレンズ公式LINE

お風呂上がりに全身保湿

  

全身の保湿ケアはお風呂上がりにすることが多いかと思います。

ここからはベビーオイルを使ったお風呂上がりの全身保湿ケアについて解説します。

 

ボディクリーム→植物油タイプのベビーオイルでしっかり保湿

植物油タイプのベビーオイルを使う場合は、先にボディクリームを全身に塗ってから、さらにベビーオイルを塗ることでより高い保湿効果が期待できます。

ベビーオイルには水分が含まれていないため、お風呂上がりで失われがちな水分をオイルを塗る前にあらかじめボディクリームで補っておく必要があります。

全身にボディクリームを塗り込んだら、その上からベビーオイルを塗り込んであげてください。 ボディクリームで浸透させた水分と美容成分を、オイルで閉じ込めてあげることができます。

また植物油の油分は肌に浸透しやすいため、ベビーオイル自体の保湿効果も期待できます。

 

水に濡れたまま鉱物油タイプのベビーオイルで手軽に保湿

手軽に全身の保湿ケアをしたい場合は、水に濡れたまま鉱物油タイプのベビーオイルを塗ることをオススメします。

お風呂上がりの直後は肌に水分が浸透しているため、一時的に保湿されています。 しかし身体をタオルで拭いた後は、すぐに水分が失われてしまいます。

このケア方法の狙いは、入浴によって肌に浸透した水分を、乾燥する前にベビーオイルで閉じ込めてしまうことです。

鉱物油タイプのベビーオイルはほとんど肌に浸透しないため、肌の表面に膜を張ってくれます。 そうすることで肌に浸透した水分を失うことなく、しっかり閉じ込めておくことができるのです。

水に濡れたままオイルを塗るだけでケアが完了するので、他のケア方法と比べて手間があまりかかりません。 時間のない日や手間をなるべくかけたくない日には、非常におすすめの保湿ケアです。

注意点は、鉱物油タイプのベビーオイルは肌にあまり浸透しないため、美容成分や油分を肌に与えることができない点です。 お風呂上がりには肌の水分が失われるだけでなく、皮脂も同時に失われています。 必要に応じてボディクリームや植物油のベビーオイルでケアをしてあげて、美容成分や油分を与えてあげるとよいでしょう。

 

肌の弱い方は肌荒れトラブルに注意

肌に優しいベビーオイルですが、肌質によっては肌荒れを起こすこともあります。

不安な方は、あらかじめパッチテストで肌荒れが起きないかチェックしておくとよいでしょう。

やり方は簡単で、腕の内側などの皮膚が柔らかい部分に、オイルを少量つけてそのままにしておくだけです。 早ければ1時間以内、遅い場合は48時間程度で反応が現れます。 肌に合わないと赤みやかゆみなどの症状が出ます。 その場合は使用を中止しましょう。

 

まとめ

ベビーオイルは肌に優しい成分でできており、全身の保湿ケアに使うことのできる便利なオイルです。 ベビーオイルの特徴をよく理解することで、より効率よく保湿ケアをすることができます。

自分に合ったオイルとケア方法で、肌を乾燥から守ってあげてください。