このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

オイル洗顔は毛穴に有効?お風呂で使える?ベビーオイルで解説

2022. 11. 07
ベビーオイルは毛穴に有効?お風呂で使える?

オイルを使った美容法は数多く存在しますが、特に毛穴ケアまでできるオイル洗顔と言われるベビーオイルによるクレンジング方法は根強い人気があります。

今回はベビーオイルを使った美容法から、クレンジングの利点、毛穴ケアについて、そして気になるお風呂の中で使えるのかまでご紹介していきます。

ベビーオイルで毛穴ケアをしたい方必見です。

 

ベビーオイルを使った美容法

  

ベビーオイル=赤ちゃんのための保湿オイルと思われる方も多いのですが、大人向けの美容法も人気があります。

ベビーオイルは全身に使える万能なオイルなので、オイル美容の中でもさまざまなシーンやケアで使用でき、1本持っておくとそれだけで頭から爪の先までケアができる優秀なオイルと言えます。

また、ベビーオイルの主成分は鉱物油(ミネラルオイル)であることが多く、クレンジングオイルや保湿剤として使用することができます。

 

ベビーオイルはフェイシャルオイルとしても優秀

ベビーオイルは、クレンジング以外にフェイシャルオイルとしても使うことができます。

人間の皮脂は肌のうるおいを逃さないように保護する膜として機能しますが、季節や加齢などの要因によって皮脂の分泌が少なくなることで、肌からうるおいが抜けやすくなり乾燥や肌トラブルの原因となります。

ベビーオイルを肌に塗布すると、原料であるミネラルオイルが肌を保護する膜を張ることで、肌のうるおいが逃げてしまうのを防ぐことができるため、乾燥しがちな冬や季節の変わり目に使うのがおすすめです。

洗顔後、化粧水のあとに、ベビーオイルを肌になじませるだけという手軽さも優秀といえます。

 

マッサージオイルにもなる

クレンジングやフェイシャルオイルとしても使えるベビーオイルの美容法は、部分別にマッサージオイルとしても使用できます。

 

フェイシャルマッサージオイルとして

顔のむくみや疲れが気になるときに、フェイシャルマッサージオイルとしても使用できます。

一般的なマッサージ用のフェイシャルオイルに比べて伸びもよく、摩擦も起こりにくいベビーオイルは、マッサージしながら保湿もしてくれるでしょう。

 

ボディオイルとして

お顔に使えるベビーオイルは、もちろんボディのマッサージオイルとしても使用することができます。比較的安価で入手できるため、惜しみなく使用できるメリットがあります。

 

ヘッドマッサージオイルとして

頭が疲れたときや、頭皮の乾燥が気になるときにはヘッドマッサージオイルとしても使え、頭皮の保湿も行うことができます。

不純物がほとんど含まれておらず、肌に優しいベビーオイルをヘッドマッサージオイルとして使うことで、保湿だけでなく、頭皮のを健やかにし、次に生えてくる髪の毛も健やかにしてくれると言えるでしょう。

 

ベビーオイルでクレンジング

  

ベビーオイルを使った美容法の中でも、特に注目度の高い使い方がクレンジングです。

オイル洗顔などとも言われることがありますが、ベビーオイルは毛穴の皮脂詰まりも油分となじませてふき取ることが出来るので毛穴ケアにも最適だと言えます。

クレンジングとして日常使いでも、毛穴の集中ケアとしてスペシャルケアとしてもベビーオイルを使うことができます。

 

ベビーオイルを使う利点

うるおいを保つ

通常、クレンジングとはメイクを落とすための工程で、クレンジングオイルやクレンジングミルク、ジェルクレンジングなど様々なクレンジング剤があります。

クレンジング剤は、油分と油分を水分で洗い流せるように乳化する乳化剤や界面活性剤が配合されていることでメイクを洗い流すことができますが、肌に必要な油分やうるおいまで流しすぎてしまい、乾燥を招いたり、肌を守る力を低下させてしまうことがあります。

しかし、ベビーオイルをクレンジングとして使うと、オイルの油分がメイクになじみ、乳化もせずにふき取るだけなので必要な油分やうるおいを保ちながらクレンジングができます。

 

時短ケアとして

基本のスキンケアのステップでは、

クレンジング→洗顔→保湿

といった3つの工程ですが、ベビーオイルをクレンジングとして使ったスキンケアのステップは、

ベビーオイル→保湿

の2つの工程でスキンケアを完了することができるため、忙しい日やメイクを落とすのが面倒な日などに時短ケアとしても使いやすいです。

 

毛穴ケアもできる

ベビーオイルは毛穴の気になる部分に塗布することで、肌を柔らかくし角栓を出しやすくし、毛穴の黒ずみの原因となる毛穴に詰まった皮脂汚れをベビーオイルがなじんで落とすことで毛穴ケアもできます。

毛穴の気になる部分にのみ使う方法としても、顔全体のクレンジングをしながら特に毛穴の気になる部分を念入りにお手入れしても使えるので、その日の気分やライフスタイルに合わせられます。

 

毛穴が目立たなくなる?

  

ベビーオイルをクレンジングとして毎日使用すると、毛穴が目立たなくなると言われています。

メイクを落とすためにベビーオイルをクレンジングとして使用する際に、特に毛穴の黒ずみ気になる部分を円を描くようにゆっくりと優しくマッサージすることで肌が柔らかくすることができます。

肌が柔らかくなることで、毛穴の汚れが排出しやすくなったり、毛穴の皮脂汚れがベビーオイルとなじみやすくもなるので、毛穴汚れの原因を防ぐケアをベビーオイルをクレンジングとして使うことで一緒に行えます。

 

毛穴が目立つ原因

毛穴がポツポツとした黒いいちごのような鼻周りや、頬などによくみられるぽっかり穴が開いてしまった毛穴は目立ってしまいます。

現在ではまだ毛穴が目立つ原因はよく分かっていないですが、毛穴の黒ずみと開きに悩む方は多いようです。

 

毛穴の黒ずみ

肌を守るために人の肌には皮脂が毛穴から出てきますが、うるおい不足やストレスなどで過剰に皮脂が出てしまうことで毛穴に皮脂が詰まり、黒ずみの原因となるのではないかと言われています。

 

毛穴の開き

過剰に皮脂がでるときに、毛穴が広がってしまう毛穴の開きと、年齢によるたるみによって生じる毛穴の開きがあります。

ベビーオイルをクレンジングとして使うと、肌に必要な油分やうるおいを落としすぎずにメイクや毛穴の皮脂汚れを落とせるため、毛穴の黒ずみや毛穴の開きのどちらにもアプローチできると考えることもできます。

 

お風呂で使える?注意点は?

  

クレンジングをお風呂でしたいという方も多いのではないでしょうか。

ベビーオイルは100%のオイルであり、水となじむことがないため、お風呂で使用する場合は注意が必要です。

顔を濡らした状態でベビーオイルを塗ると、メイク落ちは弱くなる可能性があります。

化粧品の成分にもよりますが、乾いた肌の状態で使用することをおすすめします。

 

まとめ

ベビーオイルでクレンジングとしてメイクを落とすことで、乾燥を防ぐことができたり、毛穴の汚れを浮かすことで毛穴ケアができます。

工夫すればお風呂の中でも使うことができるので、毎日のケアとしても取り入れやすいですよね。

ぜひ、ベビーオイルを使用して、美肌を目指してみませんか。