このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

朝にオイル洗顔。ベビーオイルやホホバオイルが人気って本当?

2023. 01. 24
オイル洗顔は朝に向かない?ベビーオイルやホホバオイルが人気

「オイル洗顔」という洗顔方法を聞いたことはありませんか?通常のクレンジング剤や洗顔料とは違い、必要な皮脂まで落とさずに、肌に優しい洗顔ができる人気の美容法といわれています。

今行っている洗顔方法で肌がつっぱる、カサカサするといった悩みがある方は、もしかすると「オイル洗顔」が解決してくれるかもしれません。

本記事ではオイル洗顔と使用するオイルの特徴や違い、朝に行うときの注意点も解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

 

ベビーオイルやホホバオイルで洗顔ができる?

  

そもそもベビーオイル※やホホバオイルで顔についた汚れをとることはできるのでしょうか。濃いメイクを落とせるほどの高いクレンジング効果はありませんが、ナチュラルメイクといった軽いメイクや紫外線吸収剤ベースの日焼け止めを塗っただけの肌の洗浄に向いています。

肌についた汚れである、皮脂やメイクの主成分は油分でできているので、同じ油分のベビーオイルやホホバオイルとなじむのです。なじむことで油分が溶け出し、毛穴の奥の汚れも浮かせることができます。

※ベビーオイルはミネラルオイルだけではなく、様々な種類のオイルが存在しますが、本記事では、ミネラルオイルのことを指します。

 

ベビーオイルとホホバオイルの4つの違い

  

ベビーオイルは薬局やベビー用品店で見かけますし、ホホバオイルはスキンケアコーナーで見かけることが多いのではないでしょうか。

この2つのオイルにはどんな違いがあるのか説明していきます。

 

・原料が違う

1つ目の違いは原料です。ベビーオイルは、石油を無色透明になるまで精製したもので、鉱物油またはミネラルオイルとも呼ばれます。実は、鉱物油はメイクとの相性も良いため、オイルクレンジング剤にも含まれており、ベビーオイルはメイク落としとしても使えます。

よく「石油由来だから肌によくない」という印象を持つ人は少なくないでしょう。ベビーオイルは肌に塗っても問題ありません。現代の高度な精製技術によって安全性が高いものになっています。

それに対してホホバオイルはホホバという植物の種から搾り出された油を精製した天然もののオイルです。ホホバと呼ばれる植物は、砂漠地帯のような過酷な環境下でも育つことができるほど、水分の保持力に長けています。

ホホバオイルは皮脂の組成に近い、時間がたっても肌の潤いを逃さずに、肌に柔らかい感触を与える効果があります。

 

テクスチャーが違う

2つ目の違いはテクスチャーです。どちらも「オイル」とつきますが、使用感が異なります。ベビーオイルは落ちにくいためしっとりします。ベビーオイルの性質上、皮脂の組成とは違うため、肌表面に油膜としてフタをするからです。

ホホバオイルは塗った直後の肌はオイリーですが、少し時間がたつと肌に浸透し、さらっとした使用感に変わります。さらっとしているのに潤いは残るので、油分は欲しいけどべたつきたくない人に向いています。ホホバオイルが肌に浸透するのは、ホホバオイルの化学構造が人の皮脂と似ているためです。

 

価格が違う

ベビーオイルは薬局などでよく見かけるためご存知の方もいるかもしれませんが、大変コストパフォーマンスの高い商品です。ホホバオイルは、ベビーオイルに比べて少量でも、高い価格設定になっています。

なぜベビーオイルの方がお手頃な価格なのかというと、原油を石油に精製する過程で、不要になった油分をさらに精製してつくられたオイルがベビーオイルだからです。

ホホバオイルは限られた天然の植物から搾り出しているため、ベビーオイルのように大量生産が不可能であることから、おのずと値段が高くなってしまいます。

 

オイル洗顔のセラクレンズ公式LINE

オイル洗顔はいつ行う?

  

オイル洗顔はいつ行なったほうがいいのか気になりますよね。オイル洗顔は、いつ行なっても問題ありませんが、夜の入浴前に行うことが多いです。ですが、夜に行う洗顔と決まっているものではなく、1日中肌を乾燥から守りたい時や、しっとり感を持続させたい時は朝に行うのもいいでしょう。

 

オイル洗顔を朝行う場合の4つの注意点

  

朝のカサつきを抑えたかったり、洗顔後のスキンケアをしっとりと持続させたい時もあるのではないでしょうか。

そこで、オイル洗顔を朝してみたいという方に向けて、4つの注意点がありますので説明します。

 

1. 肌の様子を見てからおこなう

オイル洗顔は毎日行うと決めつけずに、その日の肌の調子を見て、行うかを判断しましょう。ニキビやかゆみなどの炎症が起きているときや、いつもよりオイリー肌になっているときは、オイル洗顔は控えた方がいいでしょう。反対に乾燥していたり、油分が足りないような状態の肌であればおこなってみてください。

女性の身体は敏感で、日によって調子が変わるものです。オイル洗顔をする前に、自分の肌の様子を見てからオイル洗顔をしてもいいのかを決めましょう。

 

2. こすらない

朝だけに限らず、夜にオイル洗顔を行うときにも気をつけた方がいいことですが、できるだけこすらないようにしてください。

具体的な工夫として、使用するオイルの量は惜しまずに、量は多めにとりしょう。こすることは紫外線に当たることと同じくらい肌に大きなダメージを与えます。

他にもオイルを肌に伸ばす際、いっきに強い力でこすって伸ばさずに、肌の上に乗せるようにやさしく塗りましょう。

 

3. 手のひらで温める

オイル洗顔は、汚れをを浮かせて落とすオイルの特性を活かした洗顔方法です。オイルを顔全体に塗ってなじませる時に、ぜひ手のひらの温度で肌を温めてください。そこになじませたオイルが入ることでより汚れを浮かせることができます。

 

4. ベタつくときはサっと泡洗顔

特にオイル洗顔をした場合、ベタつきが嫌な方もいると思います。ティッシュで余分なオイルを取り除いたとしても、ベタつきが気になるところには、サッと泡洗顔をしましょう。泡洗顔といっても、泡を乗せるだけにとどめ、手でクルクルと動かす必要はありません。あとはぬるま湯ですすいで油分の塗布量を調整します。

ここ守ってほしいことは短い時間で泡を乗せておくことです。あまりに長く泡をつけていると肌の保護成分である皮脂の取りすぎが起こる場合があります。

 

まとめ

本記事では、オイル洗顔に興味がある方に向けてオイル洗顔とは何か、オイルの違いや特徴、朝に行う際の注意点について解説させていただきました。

現在行っている洗顔方法で、乾燥が気になっている方はぜひ一度お試しください。