このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

オイル洗顔のメリットとデメリットを解説!ベビーオイルやホホバオイルで違いはある?

2023. 01. 24
オイル洗顔のメリットとデメリットを解説!ベビーオイルやホホバオイルで違いはある?

最近話題のオイル洗顔をご存じでしょうか。 いわゆるクレンジングオイルでの洗顔ではなく、ベビーオイルなどのスキンケアオイルを使っての洗顔を指しています。

オイル洗顔とは一体どのような手順で行うのでしょうか?オイル洗顔に適したオイルとはどのようなオイルでしょうか?メリットやデメリットも踏まえながら、オイル洗顔について詳しく解説していきます。

オイル洗顔とは?

  オイル

オイル洗顔は通常保湿やマッサージなどに使うオイルを使用して洗顔することです。洗顔といってももちろん泡立てて使うのではなく、そのままお肌に広げて優しくなじませるのみの洗顔になります。

オイルの種類によりますが、オイル自体でクレンジングすることは十分可能です。ただし、種類によってはメイクとの相性が悪く、完璧にメイクをオフするのが難しいものもあります。ですが、どのオイルを使っても、洗い過ぎが起こらず、その分潤いをお肌に残すことができるのがオイル洗顔の特徴です。

これからの乾燥の季節にぴったりな洗顔法とも言えます。ではどのような方法で行うのでしょうか?

基本の手順

  

オイル洗顔は通常のクレンジング、洗顔とは異なります。どのような手順で行うのでしょうか?注意点も踏まえながら詳しく解説していきます。

1.オイルを3~4プッシュほど取る

オイルは多めに、3~4プッシュほど出しましょう。オイルの量が少ないとどうしても肌に吸収されてしまい、肌負担の原因になってしまいます。量はケチらず多めに使うようにしましょう。

2.優しくオイルを広げる

クルクルとマッサージするのではなく、肌に押し広げる感覚で、指で優しくなでていきます。ここで擦らないのが大事です。

メイクや汚れが残りやすい小鼻周りや顎などは、少しなでてなじませます。頬などの乾燥しやすい部分は、手の平全体を使って優しくプレスするイメージで行うと良いでしょう。

特に皮膚が薄く乾燥が気になる目元にはもうワンプッシュオイルを足して、指の腹をゆっくり滑らせるようにしてなじませてあげます。マッサージするのではなく、軽くなじませる程度で構いません。

3.ふき取り

適度にオイルがお肌になじんだら、ふき取りを行います。ふき取りはティッシュやフェイスペーパーなどを使い、オイルを転写させるイメージでゆっくりと押さえていきます。

一度ではオフしきれない場合が多いため、何度か新しいティッシュに変えてふき取ってあげましょう。ティッシュを使う際は2枚に分けて使ってあげると良いです。

ここでも擦らないのが大事になります。ティッシュは横にスライドさせず、優しく押さえる程度にしておくのがポイントです。

少し時間はかかってしまいますが、肌にベタつきを残さないことも大切です。何度か新しいティッシュに交換し、表面がさらさらになるまで続けましょう。

4.最後に蒸しタオルでオフするのもおすすめ

何度か新しいティッシュやフェイスペーパに変えてふき取りしてもべたつきが気になる場合は、蒸しタオルで優しく押さえてあげるのもおすすめです。

ここでもタオルで擦るのではなく、あくまでも押さえる程度に留めておきましょう。

濃いメイクはクレンジングでオフしておく

ウォータープルーフ効果の高いメイクやマスカラやティントリップなどはオイル洗顔では落とし切れないことがあります。事前に専用リムーバーなどでオフしておくようにしましょう。

洗顔の後にお風呂に入るのもおすすめ

洗顔後、浴槽に浸かるのもおすすめです。温まることで毛穴が開き、よりクレンジング効果を得ることができます。蒸しタオルで肌を温めることもよいでしょう。 じんわり汗をかいたら、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

 

オイル洗顔のセラクレンズ公式LINE

メリットとデメリット

  

オイル洗顔は肌への負担が少なく、特に乾燥肌の人にピッタリの洗顔法と言えます。しかし、デメリットも存在します。メリットとデメリットを知っておけば、実際に行う際に参考になりますので、一緒に見ていきましょう。

メリット

・肌負担が少ない
・乾燥しにくい

お肌を擦ることが少なく、洗い過ぎが起きない、肌負担の少ない洗顔法と言えます。それに伴い、オイル洗顔のため乾燥しにくいです。洗顔後のつっぱり感が気になる方にもおすすめです。

デメリット

・ニキビや肌荒れが起こることもある
・使用感の好みが分かれる
・手間がかかる

デメリットは、肌質によってはニキビや肌荒れが起こる可能性がある点です。特に脂性肌の人は注意が必要です。

ペーパーで何度かオフする必要があるため、手間がかかるのも事実です。 また、通常のクレンジングオイルのようにすっきりオフできる訳ではないので、使用感が気になる方もいるでしょう。

使用感については回数を重ねることで慣れてきますし、しっかりオイルをオフすることでニキビなどの原因も最少に抑えられます。

乾燥肌の人に特におすすめ

メリット、デメリットを見てきましたが、結論から言うとオイル洗顔は乾燥肌の人に特におすすめの洗顔法と言えます。もちろん、オイルをしっかりオフするのは大前提になりますが、使い続けることでキメが整ってきたという口コミも多数見られます。

逆に脂性肌、混合肌の方にはあまり向かないと言えます。特にニキビができやすい方は、ご自身の肌状態を見ながら取り入れるようにしましょう。

ベビーオイルやホホバオイルがおすすめ

  

  

オイル洗顔のメリット・デメリットもわかり、早速試してみたい!なんて方もいると思います。オイル洗顔にはどのようなオイルを使えば良いのでしょうか?

代表的なものとしてベビーオイルが挙げられますが、ホホバオイルもおすすめです。ここではベビーオイル、ホホバオイルの特徴を簡単に説明していきます。

ベビーオイル

オイル洗顔と言えばやはりベビーオイルを想像する方が多いと思います。ベビーオイルとは、赤ちゃんのお肌にも使用できるオイルを指します。市販の製品ではミネラルオイルベースのベビーオイルが多く存在します。さまざまな用途に使え、何と言ってもコスパが良いのが最大の魅力です。

SNSではこのベビーオイルを使ったオイル洗顔が話題になっており、「角栓が取れた」なんて口コミもよく見かけます。ミネラルオイルの特性により少しずつ角栓の回りを削り、最終的には角栓がポロリと取れることがあるそうです。あくまでも一例であり、個人差はあると思いますが、しばらく続けてみるのも手かと思います。

ホホバオイル

ホホバオイルは、液状ワックスエステルでできており、ヒトの肌の成分の1つでもあります。よって肌馴染みがよく、人によってはホホバオイルの方が使いやすいと感じる人もいるようです。

天然の肌バリアとも言われており、ベビーオイルよりは高価なものになりますが、自身の肌状態に合わせてチョイスしてみてください。

スウィートアーモンドオイルやライスブランオイルも

他にも高い保湿力のあるスウィートアーモンドオイルや、米油のライスブランオイルもおすすめです。ベビーオイルが一番手頃ではありますが、自分の肌に合わない場合は、他のオイルを試してみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は話題のオイル洗顔について解説しました。オイル洗顔はベビーオイルなどを使って、広げてふき取る洗顔方法で、特に乾燥が気になる方におすすめです。

しっとり感の反面、デメリットもありますが、しっかりオイルをオフすることで最少に抑えられます。

これからの乾燥の時期、洗顔後のツッパリ感が気になる人には特におすすめしたい方法です。やり方をしっかり学んで、ぜひとも毎日の洗顔に取り入れてみてください。