このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

オイル洗顔のやり方を解説!ベビーオイルやホホバオイルがおすすめ

2023. 01. 24
オイル洗顔のやり方を解説!ベビーオイルやホホバオイルがおすすめ

ベビーオイルやホホバオイルだけを使って洗顔をすると聞くと、オイルの力で汚れが落ちて、保湿もできるなんてピンとこないかもしれません。

本記事では、オイルだけを使ったシンプルな洗顔の「オイル洗顔」について紹介します。基本的なオイル洗顔のやり方や浴室に入ってから行う場合のポイントも紹介しますので、オイル洗顔に興味がある方は最後までお読みください。

 

オイル洗顔とは?

  オイル洗顔

オイル洗顔と通常のクレンジングとの違い

「オイル洗顔」とは、ベビーオイルやホホバオイルなどのオイルだけを顔に塗り、軽いメイクや日焼け止め、毛穴汚れなどをゆっくり溶かして洗顔する方法です。洗顔フォームや洗顔石鹸で皮脂汚れをとったり、メイクをした日にはクレンジング剤を使って落とす方が多いでしょう。ところが、洗顔料やどんなクレンジング剤にも油分を落とす界面活性剤が含まれています。界面活性剤は洗浄力が高く、濃いメイクやウォータープルーフの日焼け止めの油分でも早くを溶かすことができます。そんな便利な面がある一方で、本来肌が持っているうるおい成分までも必要以上に溶かしてしまいます。

 

オイル洗顔に使用するオイルには界面活性剤が含まれていないため、洗い過ぎが起こることなく、汚れを取ることができます。

 

オイル洗顔が向いている人

スキンケア用品を買い変えても効果が出づらい、食生活に気を使っているのに乾燥するといったお悩みがある方に、オイル洗顔はおすすめです。

スキンケア用品や食生活が肌トラブルの主な原因ではなく、洗いすぎている洗顔を行っているからかもしれません。

 

基本のオイル洗顔のやり方

  

オイル洗顔を行う前に注意点があります。

ベースメイクは薄くても、ウォータプルーフの日焼け止め、マスカラやアイライナー、ラメ入りのアイシャドウなどの濃いポイントメイクはオイル洗顔では落ちづらいです。毛穴にメイクを残留させる恐れがあるため、専用のアイリムーバーを濃いメイク部分に使って落としてください。それからオイル洗顔をすることをおすすめします。

 

オイル洗顔のやり方をコツや注意点を踏まえながら、順に紹介します。

  1. オイルを手のひらに3~4プッシュとる
  2. 手のひらで顔全体にオイルをのせる
  3. 首筋までなじませる
  4. 指の腹で肌をそっとおさえるようになじませる
  5. 顔の細部は指先1本でなじませる
  6. 目のまわりは入らないように気をつけてなじませる
  7. ティッシュを取りかえながらオイルをしっかりオフ
  8. べたつきが気になる時はぬるま水か泡石鹸で軽く落とす
  9. シンプルなケアをして終わり

オイルを手のひらに3~4プッシュとる

オイルの使う量は目安として3~4プッシュです。商品によって1プッシュで出る量やテクスチャーに多少の違いがありますので、少しずつ塗りながら、使用する量を調整していきましょう。ただし、少なすぎると肌への摩擦が生じるので、要注意です。少し多めと感じるくらいの量を出していれば、問題ありません。

手のひらで顔全体にオイルをのせる

肌を覆うように手のひらを当てます。オイルを手早く顔全体にポンポンとのせるイメージで行いましょう。横にスライドして擦って広げないようにきをつけましょう。

首筋までなじませる

  

手に残っているオイルを、首全体にもなじませましょう。

首にも日焼け止めを塗っている方もいるので、忘れずに洗い落としてください。首は顔と同じくらいデリケートな肌なので、オイル洗顔が向いている部位でもあります。

指の腹で肌をそっとおさえるようになじませる

指の腹を使い、圧をかけすぎずにそっとおさえるようにしてオイルと肌全体をなじませましょう。

顔の細部は指先1本でなじませる

小鼻のキワ、鼻の下、唇の下のくぼみは、毛穴が集中して細かいため、指1本の腹を使ってやさしくオイルをなじませましょう。なじませようとクルクルと擦らずに軽いタッチくらいで十分です。

目のまわりは入らないように気をつけてなじませる

皮膚の薄いまぶた、目尻、目の下のくぼみなどの細かい部分には手にひらよりも指先を使ってやさしくなじませましょう。使用しているオイルが垂れてきて、目の中に入ることのないよう気をつけながら無理のない範囲で広げてください。

ティッシュを取りかえながらオイルをしっかりオフ

ティッシュを何度か取りかえながら、肌がサラッとするまでオイルオフをくり返しましょう。オイルをティッシュに転写するイメージでやさしく吸い取ることがコツです。

べたつきが気になる時はぬるま水か泡石鹸で軽く落とす

汚れが気になるときは保湿をする前に、ぬるま水で優しく洗い流してください。毛穴のつまりやオイル感がどうしても気になる部分がある人は石鹸や泡洗顔がオススメです。

石鹸の場合は、湯をためて、薄めた石鹸水を作り、石鹸水で洗うことがオススメです。泡洗顔の場合は、洗浄力が弱い石鹸や洗顔料を使ってよく泡立てます。できた泡をのせるだけ十分です。こすらずに、泡を置くだけであとはさっと洗い流します。

 

シンプルなスキンケアをして終わり

顔についた水分をやさしくタオルで吸い取ったら、できるだけシンプルなケアで保湿しましょう。

肌本来がもっているうるおいの働きを引き出すため、美容液や保湿クリームなどのプラスアルファは基本使いません。オイルが肌表面に薄くつき、油膜の役割をしていますので化粧水と乳液の2つで十分なケースがほとんどです。

 

オイル洗顔のセラクレンズ公式LINE



お風呂でオイル洗顔を行う時のポイント

  

オイル洗顔をしてから入浴して汗をかこう

オイル洗顔は湯船に浸かる前に行い、入浴をしてじんわり汗を出してから、ぬるま水で洗い流すという流れをおすすめします。湯船からの蒸気で毛穴が開きやすくなることで、浮いてきた毛穴の汚れやとれにくくなった角栓もゆるんで取れやすくなるのでいいことづくめです。

 

出てきた汗の放置はよくない!洗い流しは忘れずに

入浴したことで出てきた汗は、お風呂から上がる前に必ずぬるま水で洗い流しましょう。汗をそのままにしておくと、肌荒れの原因になるかもしれません。汗だけでなく、蒸気によってふやかされた角栓や毛穴の奥の汚れも浮いてきている場合もあるため、忘れずに洗い流してください。

おすすめのオイル

  

オイル洗顔におすすめのオイルをここでは3つ紹介します。ここであげたオイル以外にも、ドラッグストアやバラエティショップでさまざまなメーカーの商品やオイルがあります。選ぶ参考にしてください。

 

ベビーオイル

  

ドラッグストアで簡単に手に入りやすく、大容量でお手頃な価格で売られています。オイル洗顔を試す際に、抵抗なく始めやすいオイルでしょう。赤ちゃんのスキンケアにも使えるほど安全性が高いため、アレルギーを起こしにくいことも魅力です。

 

ホホバオイル

  

ベビーオイルが肌に合わない方や、潤いは持続してほしいけどさっぱりとした使用感が好きな方は、ホホバオイルがおすすめです。天然の油は人の皮脂となじみやすいため、すぐ肌に浸透します。ただし、植物アレルギーや肌が弱い方はパッチテストを行なってから使いましょう。ホホバオイルはオイルというよりもワックス成分でできているため、肌表面の保湿をして乾燥を防ぎたいときに使用するといいでしょう。

 

スウィートアーモンドオイル

  

アーモンドの種子から採取されたオイルです。肌を柔らかくする作用をもつオレイン酸が豊富に含まれているため、肌なじみがとても良く、なめらかに整えてくれます。こちらのオイルも刺激が少なめで、どの肌タイプにも使うことができます。ただし、ナッツアレルギーがある方は注意が必要です。

 

まとめ

本記事では、マイルドな洗浄力で肌を労り、角栓をとることもできるシンプルな美容法「オイル洗顔」について紹介しました。基本的なオイル洗顔のやり方や浴室に入ってから行う場合の注意点、入浴後のスキンケアなども紹介しました。

自分のお気に入りのオイルを見つけて、気分を上げつつオイル洗顔を続けてみてはいかがでしょうか。