このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

オイル美容やオイル洗顔を紹介!化粧水とベビーオイルを使ったスキンケアの順番は?

2023. 01. 24
オイル美容を紹介!化粧水とベビーオイルを使ったスキンケアの順番は?

人気のオイル美容とは?

  

美容賢者の間でも日常的に取り入れられている人気のオイル美容はご存じでしょうか。

その名の通り、オイルを取り入れたケアのことを総称してオイル美容と言われており、大まかにスキンケアでは、洗うケアの「オイル洗顔」、導入ケアの「ブースターオイル」、保湿ケアの「保湿オイル」と3つに分かれます。

さらに、スキンケアだけでなく、オイルを取り入れたボディケアやヘアケアもオイル美容と言えます。

オイル洗顔

一番最初に肌に触れるスキンケアである洗うケアでもオイルを取り入れた、オイル洗顔という美容法があります。

このオイル洗顔は、ベビーオイルやホホバオイルなどの油分で化粧となじませ、ティッシュや蒸しタオルで油分を抑えるため、通常のクレンジング~洗顔のように過剰に油分を落としすぎず、また、ベビーオイルやホホバオイルがオイル洗顔後も肌に残るため結果として保湿もできるオイル美容です。

さらに、毛穴汚れにも良いとされ、最近注目されています。

ブースターオイル

様々なブランドからも導入美容液などが発売されていますが、導入美容液と同じように使用できるのがブースターオイルです。

洗顔後、オイルを数滴肌に塗布し、なじませたあと化粧水で保湿をすることで、オイルが洗顔後の肌を柔らかくしてくれるので、化粧水やモイスチャライザーの入りやすい状態をつくります。

また、乾燥が進行しすぎてしまい、今まで使用していた化粧水が急にひりつくなどの肌状態の場合でもブースターオイルを入れることで解消されることも多いと言われています。

保湿オイル

オイル美容で一般的に浸透し、実際に使用している人も多いのが保湿オイルです。

洗顔後、化粧水のあとにオイルをモイスチャライザー代わりに使用することで、肌を保湿するだけでなく、オイルの油分が肌を守る膜をはってくれるので外的ストレスからも肌を保護してくれます。

また、モイスチャライザー代わりにオイルを使用すると、オイルの油分が化粧水の水分を逃がさないように蓋をしてくれるので、肌を守る力をサポートしてくれると言えます。

ボディオイル

スキンケアとしても素晴らしい効果を発揮してくれるオイルですが、ボディオイルとして身体の保湿にも役立ちます。

お風呂上りに、ボディクリームを塗る代わりに、オイルを塗ることで身体の肌のうるおいを逃がさないように蓋をしながら保湿ができ、オイルをたっぷり塗りながらマッサージオイルすることで、むくみ対策も行うことができます。

また、お風呂上りに乾燥がひどいときは、お風呂から上がった濡れた状態でオイルをなじませ、そのままバスタオルで拭くことで、お風呂上りにもしっとりとした仕上がりになります。

ヘアオイル

オイルを髪の毛に使用することで、ヘアオイルとして保湿もできます。

特に最近では、ベビーオイルを使用することでウェットなスタイリングがつくれると話題になっていましたが、スタイリングとしての使用だけではなく、ドライヤーで乾かす前にもオイルは使用すると保湿と保護してくれます。

オイルは髪の毛に塗布すると髪の毛の表面を滑らかにしてくれるので、ツヤ感がアップし、指通りも滑らかに仕上がります。

スキンケアは人それぞれ

  

オイル洗顔、ブースターオイル、保湿オイルと、スキンケアで使用するオイル美容だけでも大きく分けて3種類ありますが、肌状態や過ごしている環境によってスキンケアは人それぞれ変わります。

人の肌は、水分と油分のバランスが大事だとよく耳にしますが、そのバランスが崩れることで、乾燥肌にもオイリー肌と呼ばれる状態になります。

乾燥肌とオイリー肌でベストなスキンケアは異なってきますし、日常的に外で過ごしていて外気に触れる人と、室内で過ごすことが多い人でもスキンケアは変わります。

そのため、オイル美容が合う人、合わない人も肌質や過ごしている環境によっても変わってきます。

季節ごとにも肌状態は変わる

春夏秋冬で肌状態が全く変わらないという方は少ないのではないでしょうか。

多くの人は、冬は乾燥、夏はテカるといった具合に、季節ごとにも肌状態は変化していきます。これは、季節ごとに肌がさらされる環境が変化するためです。

特に、うるおいが不足した肌状態は、肌を守る力も低下してしまい、季節による外的ストレスの影響を受けやすいため、季節の変わり目に肌が揺らいだりするのです。

さらに、南半球と北半球、日本では北海道と沖縄など住んでいる都市環境によっても季節で環境が変化するため、人それぞれ合うスキンケアは異なります。

そのため、オイル美容が合う季節、合わない季節も、肌状態によって変わってくると言えます。

肌質別の必要なオイル美容

オイル美容でのスキンケアは3つの洗うケア、導入ケア、保湿ケアに分かれますが、肌質によってもどのケアを取り入れたら良いのかが変わってきます。

肌質別の、オイル美容をご紹介します。

  • 乾燥肌

乾燥肌は基本的に油分が不足した状態が多いので、油分を補えるオイル洗顔もブースターオイルも、保湿オイルもすべて使用できます。

特にかさつきもある乾燥肌の状態の場合には油分が不足してしまい、肌のうるおいが抜けやすくなっているので、冬や外に出かける日は、化粧水のあとにオイルを塗布する保湿オイルとしての使い方が最適です。特にベビーオイルなどのしっかり蓋をしてくれるオイルを使用すると保湿もされるので、使いやすいです。

  • 混合肌

混合肌は部分的にオイリーな部分と乾燥する部分に分かれるのですが、油分よりも水分が不足している状態が多いため、水分を入れやすくするオイル洗顔、もしくはブースターオイルとしての使用が最適です。

また、水分が不足する原因が冬の乾燥した外気などの場合には、ベビーオイルなどを保湿オイルとして肌を保護することで、水分が不足するのを防いでくれます。

  • オイリー肌

オイリー肌は、油分が多い状態の肌なので、オイル美容はあまり向いていないとされています。

しかし、皮脂が過剰にでることで毛穴の汚れが気になる場合にはオイル洗顔を定期的に取り入れてることで改善できるかもしれません。また、油分のバランスを整えるジュニパーなどのオイルも良いとされています。

 

オイル洗顔のセラクレンズ公式LINE

化粧水とベビーオイルのシンプルケア

  

肌は水分と油分のバランスが非常に重要ですが、水分を補給する化粧水と、肌を保護する油分のなかでも優秀なベビーオイルのシンプルなケアが簡単かつオイル美容の中でも注目されています。

手順も非常に簡単で、洗顔後、化粧水のあとにベビーオイルを数滴肌に塗布するだけのシンプルケアです。

外側から肌に水分補給できるアイテムは化粧水が主です。そして、その水分を逃がさないように蓋をするのがベビーオイルです。

特に、ベビーオイルは肌を保護してくれる蓋をする効果が非常に高いと言われており、乾燥肌はもちろん、ミネラルオイルのため肌にも優しいものが多く、揺らぎ肌にもシンプルかつ安心に使用できます。

スキンケアの順番

  

オイル美容の中でも、優秀かつ安心に使用できると言われているベビーオイルを取り入れる際には、スキンケアの順番がとても大事です。

ベビーオイルは肌を保護する膜をはり、蓋をする効果が非常に高いと言われているので、ブースターオイルではなく、化粧水のあとにモイスチャライザー代わりに使用するのがベストです。

そのため、ベビーオイルを使用したスキンケアの順番としては、

①洗うケア(クレンジング、洗顔やベビーオイルでのオイル洗顔)

②化粧水

③保湿ケア(モイスチャライザー、ベビーオイル)

の3つのステップでベビーオイルを取り入れながら、保湿ケアをすることができます。

まとめ

ミネラルオイルで、蓋をする効果が高く優秀と言われているベビーオイルは素晴らしいオイルです。

べビーオイルを化粧水のあとに使用するシンプルなケアで冬の乾燥する外気や、エアコンの空気から肌を保護する力を高めて外的ストレス知らずの肌を目指してみませんか。