このサイトは、お使いのブラウザでのサポートが制限されています。Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをおすすめします。

オイル洗顔でファンデーションは落とせる?ベビーオイルやホホバオイルを解説

2023. 01. 24
オイル洗顔でファンデーションは落とせる?ベビーオイルやホホバオイルを解説

クレンジングのメカニズム

  

私たちの生活でも聞き馴染みのあるクレンジングですが、どんなメカニズムで化粧汚れを落としているのかご存じでしょうか。

ファンデーションやアイメイクなどのメイクアップ製品は、粉と油分が主に配合されてできています。特に、保湿感や伸びをよくするために油分がベースのものが多いため、クレンジングに含まれる油分が、ファンデーションなどの油分を浮かすことで、化粧汚れを落としてくれるのがクレンジングです。

クレンジングの必要性

クレンジングをせずに、そのまま寝てしまう、といった経験をされたことのある方も多いのではないでしょうか。

化粧をしたまま、クレンジングをせずにいると肌では、ファンデーションなどのメイクアップ製品に含まれる油分と皮脂が混ざり酸化すると言われています。

肌の表面で、メイクアップ製品の油分と皮脂が混ざり酸化すると、角栓が過剰にできてしまったり、毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。

また、毛穴の汚れが溜まることでニキビや吹き出物などの肌トラブルにもつながってしまうので、化粧をしたら化粧汚れを落とすクレンジングが必ず必要だと言えます。

クレンジングの種類

ドラッグストアや百貨店など、クレンジング製品が世の中には溢れていますが、クレンジングにも様々な種類があり、肌質によって合うクレンジングが異なってきます。

  • クレンジングバーム

少し前に爆発的な人気だったクレンジングバームは、肌にのせるとオイル状になるバームタイプのクレンジングです。洗浄力は割と高めですが、洗い上がりはしっとりする製品が多く普通肌から乾燥肌によくおすすめされています。

  • ミルククレンジング

クレンジングの中でも非常に優しくマイルドに洗い上げてくれるのが、乳液状のミルククレンジングです。季節の変わり目で肌が揺らいだときや、敏感肌向けの製品が各ブランドそろっているのが特徴です。洗浄力もマイルドですが、その分肌に負担をかけにくいものが多いです。

  • ジェルクレンジング

ジェル状のクレンジングはすっきりと洗い上げてくれるので、オイリー肌や混合肌向けのクレンジングです。洗浄力は真ん中くらいですが、油分よりも界面活性剤の方が多いものがジェルクレンジングでは多く、化粧に対する洗浄力は弱めです。

  • クレンジングオイル

昔から使用している人も多いクレンジングオイルは、界面活性剤も多いため化粧に対する洗浄力はトップクラスです。以前は、乾燥肌以外の肌質がおすすめされてましたが、最近ではダブル洗顔不要なタイプのクレンジングオイルが出回ってきたことで、乾燥肌でも使えるようになっています。

オイル洗顔とは?

  

最近注目されているのが、クレンジングという幅を超えたオイル洗顔です。ベビーオイルやホホバオイルなどの美容オイルを使用したクレンジングと洗顔までを兼ね備えた美容法です。

他のクレンジング剤と異なり、界面活性剤を使用していない100%オイルなので肌に負担をかけずに洗浄力もマイルドなため、どのような肌質でも使用することができます。

クレンジングとの違いは?

クレンジングは、油分と界面活性剤が主な成分になっており、油分が化粧と混ざり、界面活性剤が水分と乳化することで化粧汚れを落としますが、その分肌に必要な油分も落としてしまうものが多いです。

それに対して、オイル洗顔は油分が化粧を浮かしますが、界面活性剤が入っていないため水分と乳化することがなく、油分をふき取る必要があります。洗い流さないぶん、必要な油分を落とすことがないため保湿効果がクレンジングに比べて非常に高いと言えます。

オイル洗顔のいいところ

通常のクレンジングと異なり、ダブル洗顔が要らないオイル洗顔は、無駄に肌のうるおいや油分を落とすことなく洗い上げてくれることで、肌も保湿され、時短ケアにもなるので一石二鳥です。

また、オイル洗顔をすることで乾燥させずに、ベビーオイルやホホバオイルの油分の力で化粧汚れを浮かすだけでなく、角栓や毛穴の黒ずみにもアプローチしてくれると言われています。

オイル洗顔に向いているオイル

オイル洗顔に向いているオイルとして代表的なのは3つあります。それぞれ、特徴が異なってくるのでご紹介していきます。

  • ベビーオイル

赤ちゃんでも使える無香料のオイルで、ミネラルオイルで作られた製品が多く存在します。低刺激かつ肌を保護し保湿してくれます。また、価格も安価なものが多いのでコスパが1番良いと言われています。

  • ホホバオイル

さらっとしたテクスチャーで、肌を柔らかくし、外的ストレスから保護するオイルです。汚れを落とす働きがあると言われているオイルなので、肌荒れしやすい肌質の方にとっては使用しやすいです。

  • スウィートアーモンドオイル

肌なじみが非常に良いのがスウィートアーモンドオイルです。化粧に対するクレンジング力はマイルドですが、肌を柔らかくする効果が高く、皮脂となじみやすいので毛穴汚れが気になるときに使用しやすいオイルです。

オイル洗顔のやり方

話題のオイル洗顔のやり方は非常に簡単です。

①ベビーオイルやホホバオイルを手にたっぷりと取り、肌にやさしくのせるように塗布します。

②ティッシュなどのペーパーや蒸しタオルで優しく抑えるようにべたつきを取り除きます。ベタつきが気になる場合は、ぬるま湯で洗い流します。

この2ステップだけで、クレンジングと洗顔まで完了するので、摩擦も起こさず、うるおいや油分を落としすぎる心配もないので肌に負担をかけずに洗えるのは素晴らしい美容法です。

 

オイル洗顔のセラクレンズ公式LINE

ベビーオイルやホホバオイルで化粧は落ちる?

  

ベビーオイルやホホバオイルなどを使ったオイル洗顔では、油分の力で化粧や汚れを浮かし、落とします。

濃いめの化粧などでなければ大体の化粧は落ちますし、がっつり系のウォータープルーフを使用したアイメイクなどの場合にはアイメイクアップリムーバーをオイル洗顔の前に使用することで、肌への負担を減らし保湿しながらクレンジング、洗顔を完了することができます。

しかしながら、一部ファンデーションには落ちづらいものがあります。

落としづらいファンデーションに注意

  

一部ファンデーションの中にはオイル洗顔で落ちにくい種類のものがあります。

オイル洗顔後に、ティッシュなどのペーパーで抑えると汚れが落ちているかは目で見てすぐにわかります。特にファンデーションなどは、色がついているために落ちているかどうかは目で見てすぐにわかります。

ファンデーションがずっと肌に残留していると、ファンデーションの油分や皮脂が酸化したり、毛穴詰まりや、黒ずみなどの原因の可能性にもなるので、オイル洗顔を取り入れる際には、落としづらいファンデーションに注意が必要です。

落としづらいファンデーションの種類

ミネラルファンデーションやO/Wと呼ばれるオイルインウォータータイプのファンデーションは構造上、ベビーオイルやホホバオイルを使用したオイル洗顔では落としづらい可能性があると言われています。

今使用しているファンデーションが、ベビーオイルやホホバオイルを使用したオイル洗顔で落ちるのか気になる場合には、手元にファンデーションを塗って、その上からベビーオイルやホホバオイルを数滴落としてなじむかテストをしてみると安心して使用できます。

オイル洗顔でファンデーションを落とす際のポイント

  • 化粧をしっかり落とすことにこだわりすぎない

ベビーオイルやホホバオイルをなじませたあと、化粧をしっかりと落とすためにティッシュや蒸しタオルでゴシゴシとふき取ってしまいたくなりますが、肌に負担がかかってしまいダメージを受けてしまいます。化粧をしっかりと落としきることに固執しすぎず、優しく肌を保湿しながら洗う方が、本来持つ肌の力を高めてくれます。

  • 擦らない

ベビーオイルやホホバオイルを肌に塗布する際に、素早くなじませようと擦ってしまうと摩擦が起きで肌に負担がかかりますので絶対NGです。肌を手でゆっくりと抑えるように、ハンドプレスしながらベビーオイルやホホバオイルをつけてなじませることで肌への負担を減らせます。

  • 量を多く使用する

ベビーオイルやホホバオイルを使用するときに、量を少なくしてしまうと摩擦が起こり肌への負担が増えてしまいます。たっぷりと量を手に取り、肌になじませることで摩擦が起きにくくなるのでよりマイルドにオイル洗顔を行うことが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?

オイル洗顔は、肌にもマイルドかつ保湿や毛穴汚れを落としてくれると言われている素晴らしい美容法です。美容オイルでクレンジング、洗顔まで完了するのは、モチベーションも上がりますし、時短ケアとしてもスキンケアする時間が楽しめます。日常生活の中でも手に入りやすいベビーオイルやホホバオイルで一度試してみてはいかがでしょうか。